【0から1のAfter effects使い方講座】04アニメーション基礎

【0から1のAfter effects使い方講座】04アニメーション基礎

コンポジションのことが分かったら、とうとうアニメーションを制作していきましょう。

アニメーションという言葉がわかりやすいので使用していますが、After effectsがあつかう動画の正式名称は「モーショングラフィックス」です。

とはいえ、大体アニメーションで通るので(というか、モーショングラフィックスといっても一般のかたがイメージ出来ないので)その時々で使い分けていきましょう。

 

After effectsでやることはシンプル、「画像を動かす」だけです。

それも、はじめと終わりの時間を決めて、各々のタイミングのパラメーターを決めるだけ!

複雑そうに見えるアニメーションも、全てがシンプルなものの組み合わせでできています。

 

「キーフレーム」という言葉はPremiere proでも聞いたことがある言葉かも知れません。

After effectsでも概念はまったくもって同じです。

 

声に出しながら、やっていきましょう。

「ここから、ここまでの間に、これくらい、○○したい」

この呪文を唱えながら手を動かせば、自然とアニメーションが完成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。