【0から1のAfter effectsチュートリアル】06テキストとアニメーションプリセット

【0から1のAfter effects使い方講座】06テキストとアニメーションプリセット

どんなAdobe製品にも「テキスト」を打ち込む機能がついていて、After effectsもそれは例外ではありません。

After effectsにはそのテキストをアニメーションさせるプリセットが最初から用意されているのも大きな特徴です。

 

特に動画クリエイターとして駆け出しのころは「プリセット」というものに頼らないことが理想なのですが、現実的に「納期が間に合わない」という究極の瞬間にはなりふりか待っている場合ではないので、使えるプリセットは把握しておくに越したことはありません。

 

これはどんな制作にも言えることですが、「あくまでマニュアルにこだわる」姿勢は、製作者としての限界を常に引き上げます。

マニュアルが理解できているからこそ、オートが理解できて、応用が効くのです。

確かにプリセットは便利ですが、それに頼った制作を続けていると、あっという間に限界が来てしまいます。

製作者として長く息をするためにも、「マニュアルにこだわる」姿勢は崩さないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。