【0から1のAfter effectsチュートリアル】08マスク機能応用編

【0から1のAfter effects使い方講座】08マスク機能応用編

マスク機能は「覆い被せて隠す」ための機能で地味、ということをご理解いただいたと同時に、この機能がどれだけ重要かということも分かっていただければ嬉しい限りです。

マスク機能を習ったばかりだとはっきり言ってただの「覆い被せツール」なのですが、ペンツールと外部アプリからのパスの参照を知ると、一気に世界が広がる感じがします。

特にillustlatorを使用している人なら、「パスを使える」と聞いた途端に、一気に親密な空気を感じるのではないでしょうか。

もちろんPhotoshopからのパスの参照も可能なので、Photoshoperのあなたも同様です。

 

デザインを外部でつくってAfter effectsで参照することは、もはやadobeが推奨するレベルの「常識」です。

ぜひ複数のadobe製品をつかいこなれるようになりましょう。

当サイトには他にもphotoshopの講座も用意してあるので、ぜひ学んでいってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。