僕の起業体験記(音声セミナー)

第26話 起業家のセールスコピーライティング

こんにちは、イサカです。

セールスコピーライティングを一言で言うならば

「モノをうるための文章を書くこと」です。

 

神田昌典先生の書籍には「焼け野原でも紙とペンで立ち上がる力」と書かれていたのが

印象深かったことを覚えています。

(今なら紙とペンがなくても、¥20000くらいのパソコンとインターネットがあればたちあがれますね)

 

さて、別の記事でもセールスコピーライティングについては書きましたが

やはりpodcastの方でも語っておこうと思った次第です。

 

セールスコピーライターという職業があるくらい、セールスコピーライティングと言うのはビジネスに置いて重要です。

なぜか?

もちろん、セールス=販売を請け負うからです。

 

セールスとは、人の信念を説得し、自分の信念を受け入れてもらうことです。

つまりセールスコピーライティングというのは、あなたの信念を受け入れてもらい

読んでくれた人を説得して、あなたの商品を買ってもらうための手段の1つです。

これを対面でやることが、いわゆる「営業」です。

 

「ん?タイトルの「起業家の」セールスコピーライティングってじゃあどういうこと?」

という疑問にお応えすると、、、

つまりは、職業セールスコピーライターのライティングと、起業家のセールスコピーライティングは

別に同じハードルでやる必要が無いということです。

 

職業セールスコピーライターは、売ることに執着するひつようがありますが

起業家のセールスコピーライティングでは、より想いを伝え

相手を説得することに執着する必要があります。

 

このセールスの能力はあらゆる場面で必要になってくるので

是非とも学んでいただきたいところですが、いかんせん良い教材がなかったりするので

来年辺りに創ろうと思ってます。