66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_m

第35話 同調したり、目立ったりするのも起業家の能力

こんにちは、イサカです。

二日酔いでお届けします。

 

同調せよ!

なぜ、タバコを吸うのか?

なぜ、そんなに飲めないのに飲み会に参加するのか?

 

理由は簡単、「同調」するためです。

この同調という行為は、人から信頼されるにあたって非常に重要になってきます。

 

例えば、目の前の人がタバコを吸っているのであれば、その人に合わせてタバコを吸う。

例えば、目の前の人が揚げ物を頼むなら、同じ揚げ物を頼む。

例えば、目の前の人が右手でアゴを触っているなら、それとなく自分も右手でアゴを触る。

 

とても些細なところで、同調は可能です。

相手に明確に気づかれることはありませんが、この細かい積み重ねが、相手から信頼されるために重要になってきます。

 

同調は信頼を生み、信頼は本音の声を生み、本音の声は商品販売者にとって何よりの宝です。

この同調は、明日から使える対人のノウハウですので、是非とも実践してみてください。

 

目立たずしてビジネスはならず

さらに音声でお話しているのは、目立つことの重要性です。

 

やっぱり人前に立ったり、意見を言ったりするの中々気が引ける行為のように感じますが、やっぱりビジネスをするい以上は、相手にあなた自身を認識してもらわなければお話になりません。

ビジネスにおいて効果的な目立ちかたは、見た目、ビジネスに対する独自の考え方や意見(所謂哲学と呼ばれるもの)、だいたいこの2つを押し出すパターンです。

 

見た目は予想以上に効果があります。

僕は髪がモジャモジャしていてメガネをかけているので、1回で覚えてもらえるという得意技を持っています。

 

 

その上で、ビジネスに対する考え方を主張すると、独自性を強く受け取ってもらえるので、あなたのポジションを確率し易いです。

この考え方と呼ばれるものは、持っておくと物語をいつでも語れるようになるので、あなたのブランディングでもセールスでも非常に役に立ちます。

ポジションの確立は、目の前の人ではなく、あなたを少し遠くから見ている人にも影響を与えるので、積極的に行っていきましょう。

 

あなたの物語を語ること、あなたの会社の物語を語ること、あなたの商品の物語を語ること。

これは商品の販促で必須の項目になりますので、シッカリと抑えておいて下さい。

 

さて、少し話が脱線した気がしますが、ともあれ音声をきいてみてください。

最初の1−2分は飛ばしてもOKです(二日酔いだけど楽しかったみたいなくだらない話をしてます)

 

↓音声はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。