0から1のpremiere pro使い方まとめ13講

はじめに

【0から1のpremiere pro使い方まとめ13講】へようこそ!

  • MACのiMovieやWindowsのムービーメーカーで映像編集をやってみたところ、案外ハマってしまった。
  • もっとクオリティの高いYouTubeに動画をアップしたい。
  • 将来動画クリエイターとしてやっていきたい。

そんなあなたのために、計13本の動画でPremiere proが学べる講座としてまとめました。

本講座は、とりあえず「映像を編集できるようになりたい!」というあなたのために用意した講座です。

計13の動画コンテンツを全て無料で視聴することが可能です。

学びに必要な情報はGoogleに全て無料で載っている現代。

必要な情報を必要なだけ集めて学び、実戦の中で体に染み込ませていきましょう。

まずはこの【0から1のPremiere pro使い方講座】から、スタートを切っていきましょう!

※画像をクリックすると動画コンテンツを視聴できます。

【0から1のPremiere pro使い方講座】01Premiere proとは?

【0から1のPremiere pro使い方講座】01Premiere proとは?

https://youtu.be/k_kPwLvnqZI Premiere proは、動画を制作するにあたっての1つの軸です。 どんなにいい撮影技術を持っていても、編集でうまく料理してもらえなければ駄作になってしまいます。 (ちなみに一般的に言われる動画編集は「ノンリニア編集」というのが正式名称です。) 兎にも角にも、まずはPremiere proがどんな画面で、どう動くソフトなのかを最初の講座で異界しておきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】01Premiere proとは?

【0から1のPremiere pro使い方講座】02フォルダ構造

【0から1のPremiere pro使い方講座】02フォルダ構造

https://youtu.be/JzRc3_QWxv0 さて、Premiere proがどんなものか分かったところで、早速制作の講座に!!! …と、その前に まずはフォルダ構造をしっかりとつくっておきましょう。 どの素材がどこにあって、最終的にどこに動画を書き出すのか。 これをすっきりさせておくだけで、作業効率がだいぶ上がります。 とりあえず、動画と全く同じように構造を用意しておけば大丈夫! まるまる真似してしまってください。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】02フォルダ構造

【0から1のPremiere pro使い方講座】03動画の切り出し

【0から1のPremiere pro使い方講座】03動画の切り出し

https://youtu.be/12TQ3rL20Vw さあ、それでは編集作業に入っていきましょう。 まずは素材を選択して、その素材の「どこからどこまで」使うのかを決めて、シーケンスに入れていきましょう。 「シーケンス」って何かって? それは次の講座で詳しく解説しています。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】03動画の切り出し

【0から1のPremiere pro使い方講座】04シーケンス設定

【0から1のPremiere pro使い方講座】04シーケンス設定

https://youtu.be/ZGFzolSGUDs シーケンス設定を確実に行っていくために、動画制作の常識を押せておきましょう。 現在主流な動画の画面比は16:9 Full HDサイズは1920×1080,HDサイズは1280×720 動画のdpiは72であること フレームレートはNTSC規格だと29.97ということ 以上のことは記憶喪失になって覚えておいてください。 画面サイズについては、最近スマホ向けに「スナックサイズ」という正方形のサイズが出てきている、ということも把握しておきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】04シーケンス設定

【0から1のPremiere pro使い方講座】05エフェクトコントロール基礎

【0から1のPremiere pro使い方講座】05エフェクトコントロール基礎

https://youtu.be/sIxLQhlfywY エフェクトコントロールとは、パネルの名称です。 その名の通り、このエフェクトコントロールパネルで素材にかかっているエフェクトを管理していきます。 どんな素材にも「モーション」「不透明度」のエフェクトが最初からかかっているので、まずはこれらのエフェクトをいじりながら使い方を学んでいきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】05エフェクトコントロール基礎

【0から1のPremiere pro使い方講座】06エフェクトで明るさと色を変える

【0から1のPremiere pro使い方講座】06エフェクトで明るさと色を変える

https://youtu.be/wfr8BettMmY Premiere proでよくある質問No.1に輝くのが、「明るさを変えたい」というもの。 やることは簡単。「Lumetriカラー」を素材にかけて、映像を見ながらパラメーターをいじるだけです。 Premiere proのエフェクトが多すぎて、結局何を使えばいいのかわからない! というのはよく聞く声ですが、今は「Lumetriカラー」一択でOKです。 Speed gradeというカラーコレクション用のアプリケーションもありますが、大体このLumetriカラーでなんとか出来てしまうので、このエフェクトの扱いをマスターしましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】06エフェクトで明るさと色を変える

【0から1のPremiere pro使い方講座】07トランジションについて

【0から1のPremiere pro使い方講座】07トランジションについて

https://youtu.be/l7j66qFJnUA 素材と素材を切り貼りしてつなぎ合わせると、そのつなぎ目がブツブツで気持ち悪い… という時に使うのがビデオトランジションです。 セミナー動画の編集であればディゾルブを使うことが多かったり スマホで見る1分動画くらいの編集であれば、「ドア」や「アイリス」を使うこともあります。 その時々で最適な表現を表現を出来るよう、機能をしっかり把握しておきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】07トランジションについて

【0から1のPremiere pro使い方講座】08キーフレームについて

【0から1のPremiere pro使い方講座】08キーフレームについて

https://youtu.be/h02bT3lrb7Y 「Premiere proなのにアニメーション?」 という疑問はあるかもしれませんが、いまやPremiere proでキーフレームアニメーションをつかうのもかなり一般的です。 キーフレームといえばAfter effectsというイメージですが、Premiere proのほうがレンダリングと書き出しの処理が早いので、業務でモーショングラフィックスをつくるときもPhotoshopとPremiere proで済ませてしまうこともあったりします。 というのは、少し業務のお話ですが 動画では「キーフレームってなに?」というところからしっかり解説していますので、安心してください♪ … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】08キーフレームについて

【0から1のPremiere pro使い方講座】09タイトル機能解説

【0から1のPremiere pro使い方講座】09タイトル機能解説

https://youtu.be/zj3jwCfKJsc 動画の上にいい感じに文字が乗っているいるだけで、動画のクオリティが上がったように感じるのは、気のせいではありません。 よくテレビ局の番組で、画面の隅にロゴのようにテキストが配置されていることがありますが(確かローワーサードといいます)あれを配置するだけで、「それっぽく」なるので、是非とも活用してみましょう。 その他にもタイトル機能では「テロップ」を入れたり、単純に「解説」を入れたりと使い方は何通りもあります。 自在にとりあつかえるように、何度も練習しておきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】09タイトル機能解説

【0から1のPremiere pro使い方講座】10シーケンス内でのクリップの切り貼り

【0から1のPremiere pro使い方講座】10シーケンス内でのクリップの切り貼り

https://youtu.be/GUjUkoxvbA8 動画の素材のアタマとケツ(最初と終わり)をきめてシーケンスにはめ込んだあとも、シーケンス内でクリップを切り貼りして編集することは普通にあります。 だいたいやる作業は同じで、「切って」「貼る」これだけです。 いるところ、いらないところを判断して切り貼り切り貼り… 使うツールもたった2つで十分です。 何度もさわって慣れていきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】10シーケンス内でのクリップの切り貼り

【0から1のPremiere pro使い方講座】11トラックの機能を上手に使おう

【0から1のPremiere pro使い方講座】11トラックの機能を上手に使おう

https://youtu.be/58c9IfDv4_o シーケンスの中にいくつもラインがありますが、これを「トラック」といいます。 このトラックを表示したり、消したり、どこか1つだけを表示させたりと様々な操作が可能です。 わかってしまえばとても単純ですが、この機能を使うと作業効率がぐんと上がります。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】11トラックの機能を上手に使おう

【0から1のPremiere pro使い方講座】12早送りとスローモーション

【0から1のPremiere pro使い方講座】12早送りとスローモーション

https://youtu.be/Eov6yLP2xrA 早送りとスローモーションはPremiere proで使える表現のひとつですが、これがなかなかよく使います。 ポイントは、スローモーションをかけ過ぎないこと。 スローにし過ぎると、再生すると素材がカクカクしてしまいます。 素材のフレームレートにもよりけりですが フレームレート29.97なら60% フレームレート59.94なら30% が滑らかにスローをかけられる限度です。 After effectsのタイムリマップとフレームブレンド(ピクセルモーションブラー)を使うと、より質の高いスローを作ることが可能なので、After effectsの使用も視野に入れている方は、こちらの情報を抑えておいてください。 http://art1st.biz/aftereffects/#17 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】12早送りとスローモーション

【0から1のPremiere pro使い方講座】13書き出しの設定

【0から1のPremiere pro使い方講座】13書き出しの設定

https://youtu.be/TYEQQfG7g1k 素材を組み合わせたら、一本の動画に「書き出し」ましょう。 拡張子は.mp4が一般的ですが、場合によっては.movの場合もあります。 YouTubeにアップロードする場合はH.264で.mp4に 編集素材として書き出す場合は、Quicktimeでmovに と、とりあえずはざっくりと覚えておきましょう。 大体の場合YouTubeにアップロードする動画の設定でまかなえるので、まずはここを覚えておきましょう。 現在主流な動画の画面比は16:9 Full HDサイズは1920×1080,HDサイズは1280×720 動画のdpiは72であること フレームレートはNTSC規格だと29.97ということ ということは、重ねて覚えておきましょう。 … 動画コンテンツを視聴する about 【0から1のPremiere pro使い方講座】13書き出しの設定

終わりに

さて、以上の操作をマスターすれば、Premiere proの編集で困ることはおそらくそれほどありません。

編集が最も上達する方法は、自分の理想とする動画をなんども見て、その動画がどのように編集されているのかを頭のなかで分解し、実際にその動画に似せて制作してみることです。

この世に出回っている実写作品の殆どを、Premiere proで作ることが可能です。

どんなにクオリティが高くても、どんなに面白くても、使われているのはPremiere proをはじめとするノンリニア編集ソフトなので、Premiere proが手元にあれば、あなたも同じように映像作品を制作することが可能です。

Premiere proをつかえるようになることは、動画制作の世界への一歩を踏み出すこと。

YouTubeなどの動画プラットフォームが一般的になって、動画制作も同時に一般的なものになってきていることは冒頭でお話したとおりですが、もっともっと多くの人が動画制作を好きになってくれて、もっともっと個性的な動画が世界中に広がっていくことの手助けができれば、僕にとってそれが1番です。

 

 

 

当ページでは、Premiere proについてのご質問を無料で受け付けています。

下記のフォームに必要事項をご記入して、送信ボタンよりご送信ください。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

質問タイトル

質問内容